トップページへ
《遥かなる恋人に寄す》で憧れに打ち震える初々しい恋愛感情と触れあい、《リーダークライス》で愛と死の暗示と象徴に満ちたロマン的世界を逍遥したあと、ブラームスの歌曲で愛への洞察を深め、《4つの厳粛な歌》で死と正面から向かい合う。だが、最後に、多田羅さんがブラームスに共感を寄せつつ高らかに讃えるのは「愛」である。「いつまでも存続するものは信仰と希望と愛・・・しかし愛こそは最も偉大なもの」と歌う第4曲の終結部は万感の思いが込められた絶唱だ。ここに、このリーダー・アーベントに託す多田羅さんの思いは完結する。これらの演奏が聴き手の心を大きく動かさぬはずはない。
岩下眞好(ライナーノートより)

多田羅迪夫(バリトン)
プロフィール>>
鈴木真理子(ピアノ)
2007年9月18日
東京藝術大学奏楽堂 
藝大120周年記念リサイタル・ライブ
DCJA-21008 STEREO
税込価格 3,086円
(2008年12月10日発売)

 

ベートーヴェン
歌曲集「遙かなる恋人に寄す」(全6曲)
シューマン
リーダー・クライス Op.39(全12曲)
ブラームス
エーオルスのハープに寄せて
ブラームス
セレナーデ
ブラームス
われらはさまよい歩いた
ブラームス
甲斐無きセレナーデ
ブラームス
使い
ブラームス
風もそよがぬ、和やかな大気
ブラームス
歌曲集「四つの厳粛な歌」作品121
 
CDラインナップ一覧へ戻る
 
 
ごあいさつ
推薦のことば
コンセプト
制作スタッフ
発売までのながれ
オーディション
資料請求
応募用紙
CDのご購入
CDラインナップ
お問い合わせ
リンク
 
高泉淳子さんのCDについて
 
中山千夏さんの「広島の川」
 
平野レミさんのCDレーベルREMIX(レミックス)
 
Copyright・2008 Disc Classica Japan
ヤマハ銀座店