トップページへ
Vienna Instrumentsも元々はウィーンの楽士たちの生演奏を素材としているが、チャイコフスキーの音楽の再現に当たっては春口が指揮者、個々の楽員、ピアノ独奏者のすべてを1人で演じている。ピアノ協奏曲第1番には独奏、オーケストラの「合わせ」の難所がいくつかあり、ここでは完璧に一致する。再現される音楽には、春口の熱い思いが溢れかえる。テクノロジーを駆使し、演奏家のエゴを排除した状態が達成された結果、1人の生身の人間の音楽観が聴き手の耳元、心の中に曇りなく届く。一種、パラドックスと言える体験は予想外の驚きだった。
 
池田卓夫(ライナーノートから)
ジャケット写真

春口 巌(プログラミング)
ヴィエナ・インスツルメンツ
プロフィール>>
DCJA-21016
税込価格 2,571円
(2010年9月22日発売)

 

ピアノ協奏曲 第1番変ロ短調作品23
チャイコフスキー
幻想序曲「ロメオとジュリエット」
チャイコフスキー
 
CDラインナップ一覧へ戻る
 
 
ごあいさつ
推薦のことば
コンセプト
制作スタッフ
発売までのながれ
オーディション
資料請求
応募用紙
CDのご購入
CDラインナップ
お問い合わせ
リンク
 
高泉淳子さんのCDについて
 
中山千夏さんの「広島の川」
 
平野レミさんのCDレーベルREMIX(レミックス)
 
Copyright・2010 Disc Classica Japan
ヤマハ銀座店