トップページへ
『葉っぱのフレディ』は、アメリカの教育者レオ・バスカーリア(1924~1998)が、死別の悲しみに直面した子どものために「死」の意味を伝えようと書かれ、1982年に出版されました。1998年、みらいななによる日本語訳(童話屋)が出版され、書評や新聞のコラムに紹介されて話題となり、翌99年、森繁久彌の朗読(音楽:東儀秀樹&井上鑑)によってCD『葉っぱのフレディ』が生まれました。 長男を亡くして失意のなかにあった森繁久彌氏が、この本に出会ったことで「もう一度生きてみようと思った」とのエピソードが伝わったこともあり、10万枚を超えるベストセラーとなって日本レコード大賞企画賞を受賞しています。 2020年11月、宇崎竜童を語りに、井上鑑をキーボードに迎え、《德川眞弓ピアノ・リサイタル》(アミュゼ柏・千葉)のメイン・プログラムとして上演。コロナ禍に見舞われるなか詰めかけた満員の聴衆に「生きる意味」を問いかけて、大きな感動を呼びました。 その直後、廃盤となった森繁版に代わるものとして、このアルバムは制作されました。二十年を経ての新たな芽吹きが、すくすくと育ってくれることを、願ってやみません。
 
ジャケット写真

宇崎竜童(語り)
井上 鑑(キーボード)
德川眞弓(ピアノ)
プロフィール>>
録音:2020年12月
アミュゼ柏 
クリスタルホールほか
DCJA-21046
税抜き価格 2,000円


「葉っぱのフレディ-いのちの旅」

(レオ・バスカーリア作 
みらいなな訳 音楽:井上鑑)

ボーナストラック
「鳥の歌」

(カタロニア民謡)

 
CDラインナップ一覧へ戻る
 
 
ごあいさつ
推薦のことば
コンセプト
制作スタッフ
発売までのながれ
オーディション
資料請求
応募用紙
CDのご購入
CDラインナップ
お問い合わせ
リンク
 
 
Copyright・2021 Disc Classica Japan
ヤマハ銀座店